猫DAISUKI

猫大好きなブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

セリーグ開幕に剥けて

3月28日のセ・リーグ開幕まであと僅か。大多数の評論家の間ではある一球団の独走が予想されていたが、オープン戦の結果を見てみると、全く別の球団が異常とも言える程の成績を残していた。今回はその球団から、2名のキーマンに直撃した。

――本日はよろしくお願いします。
ココ(以下コ)&ナッツ(以下ナ)「よろしく。」
――開幕間近ですが、現在の調子について聞かせてください。
コ「調子…ですか(笑)。まあオフに手術(包茎手術)もしましたし、文字通り一皮剥けた僕になれたら良かったんですが、そう上手くは行ってませんね。とにかく歩くのも痛くて、服に擦れるのが嫌だから試合も下半身裸でプレーしてましたし…。」
――そう言われる割には、かなりのハイアベレージを残していますが。
コ「痛みが結構いい感じなんですよ。僕はかなりMなんで、痛くてヒットが出る事も多いんです。でもこれ完全なラッキーですもん(笑)。こんなんで精子が出ても全く調整にならないし、傷口が治ったら0からのスタートになってしまいます。」
――ナッツ選手の方は。
ナ「いいよ、かなりいい感じで来てる。それに今回のキャンプではあえて出さないって事を覚えて、体の調子を長いシーズンを通して考えられるようになったと思う。」
――出さない事を覚えた、というのは新婚生活においてマイナスになると考えられませんか。(ナッツ選手は今年3月2日に入籍)
ナ「何でお前に新婚生活の事心配されなきゃならねーんだよ(怒)。」
――失礼しました。
ナ「出すときは出すから…」

インタビュアーの失言によりインタビューはここで終了したが、この2人がペナントを大いに盛り上げることは間違いなさそうだ。


怒って帰ってしまうナッツ選手。この背中で日本球界の未来を背負っていく事になるのかもしれない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。